家計簿のつけ方ご紹介 ~貯蓄を増やそう

未分類

 

この記事では、私が最近始めた家計簿のつけ方をご紹介します☆

私は結婚して5年なのですが、この5年間は、夫婦でかなりなぁなぁに家計を管理してきました。

いわゆる、垂れ流しというやつですね(笑)

 

これって自由にお金使える一方、「お金は貯まってるのかな~」とか「お金無駄遣いしちゃてるな~」

って結構、悶々としますよね><

 

実は私は11月・12月と仕事がかなり落ち着きまして

ノー残の毎日でした。

 

気持ち的にも時間的にも余裕があったので、家計簿の見直しと

貯金のためのシステム作りを行いました。

 

まだ始めたばかりですが、長年の家計のキャッシュフローが分かってかなりスッキリしましたし、

簡単で気に入っています。

 

家計簿のつけ方に迷っている読者や、家計簿をつけていない方にぜひ読んでいただいて

貯蓄作りの一助にしていただけたら嬉しいです(^^)

 

1つずつ進めていく

ステップ1. 固定費を可視化する

 

まずは、何はともあれコレに尽きます。

一気にやるのはなかなか難しいので、1週間くらいかけて

夫婦で話しながら書き出していきましょう。

その際、LINEやCOUPLESなどのアプリで、2人で見ることができるメモに書き出していくと

いつでも見て、書き足すことができて便利です。

 

書き出してみると、私たち夫婦の固定費はこのような感じでした。

  • 家のローン:100,000円 (銀行口座①引落し)
  • 携帯   :20,000円 (夫分は銀行口座①、妻分は銀行口座②引落し)
  • 電気   :12,000円 (コンビニ支払い)
  • ガス   :6,000円 (コンビニ支払い)
  • 水道   :7,000円 (コンビニ支払い)
  • 保育園  :50,000円 (銀行引口座①引落し)
  • 奨学金  :10,000円 (銀行口座①引落し)
  • お小遣い :40,000円×2
  • 生命保険 :42,000円 (銀行口座①引落し)
  • 学資保険 :15,000円 (銀行口座①引落し)
  • 食費   :??円
  • WIFI    :8,000円
  • 雑費   :??円

⇒総額は約40万円くらい?

 

食費・雑費は、月によってマチマチで、よく分かりませんでした。

また、携帯料金は私と妻で引落しの口座が違ったり、光熱費はコンビニで支払っていたりと

無駄が多いなと思いました。

 

そのため、下記のようにすることにしました。

  • 家のローン:100,000円 (生活費口座から引落し)
  • 携帯   :20,000円 (JALカード引落し)
  • 電気   :12,000円 (JALカード引落し)
  • ガス   :6,000円 (JALカード引落し)
  • 水道   :7,000円 (生活費から口座引落し)
  • 保育園  :50,000円 (生活費口座から引落し)
  • 奨学金  :10,000円 (生活費口座から引落し)
  • お小遣い :40,000円×2
  • 生命保険 :42,000円 (JALカード引落し)
  • 学資保険 :15,000円 (生活費口座から引落し)
  • 食費   :60,000円(半分はJALカードで引落し、半分は現金)
  • WIFI    :8,000円(JALカード引落し)
  • 雑費   :35,000円

⇒総額は約430,000円。

光熱費は、夏・冬でこれ以上いくことはない、という高めで設定しました。

食費は、外食やお菓子代金をケチりたくないので、高めで60,000円に設定しました(笑)

雑費は月によって異なりそうですが、とりあえず35,000円にしてみました。

内訳としては、子供の服や土日の遊び代、身内のプレゼント代、といったところですかね。。

 

ポイントは、「おおざっぱでいいじゃん!」ということ。

 

光熱費とか雑費は月ごとに違うじゃん、と思うかもしれないですけど、

月ごとに計算するのって、めんどくさくないですか?

そんなに大きな差が出るわけじゃないし、高めに設定しといて

もし余れば口座にプールしとけばいいのかなって思います。

 

ステップ2. 支払いはできる限りクレジットカード

 

今までは、コンビニ払いにしていた光熱費や、引落しにしていた携帯・WIFIの料金支払いを

できるものは全てクレジットカードのJALカード払いに、

できないものは口座振替に変更しました。

 

理由はもちろん、カード払いならマイレージが貯まるから。

私はJALカードのショッピングマイルが2倍になるようにしており(注・年会費は2倍の5,000円かかる)、

上記の支払いなら、月に12万円をJALカード払いにするため、

月に1,200マイルが貯まる計算です。

 

今回の手続きで驚いたことと大きかったことは、

東京海上の生命保険の保険料がクレジットカードで支払えること!

 

加入した時はできなかったと思うので、途中で変わったのかな?

嬉しい発見でした。

 

不思議なのは、なぜ水道代はクレジットカード払いにできないのか?

電気とガスができるので、できても良さそうなものだけど。

知ってる方いたら、教えてください!!

 

カード払いでマイレージやポイントを貯めるのも大事だけど、

もう1つ大事なのは、原則引落しにすることで、支払いに行く手間暇というコストをカットすること。

 

お金を払いに行くのってそもそもストレスなのに、時間かけて並んだりとか

二重のストレスですよね?

 

今まで支払いしてたのは妻なので、すごい手間かけてて申し訳なかったなーって

今さらながら思いました(笑)

 

ステップ3. 貯蓄分は最初に貯める

 

今までは、生活費と貯蓄は同じ口座で管理していました。

でもこれでは、この口座からいくら引かれるのか分からないし、

正確な貯金額が分かりませんでした。

 

これでは、貯金しようという意識が起きるはずもありませんでした。

 

ですので、今回の改革で生活費口座と貯金口座を分けることにしました。

基本的には私の給料口座がそのまま生活費の口座になるのですが、

残念ながら私の給料だけでは足りません。

なのでまず給料が振り込まれたら、自動で12万円を妻の貯金口座から私の生活費口座へ振り込まれるように

設定をしました。

 

こうすることで、(妻の給料)-(12万円)=貯金額 というシステムを作りました。

 

なんだそれだけ?って思うかもしれませんが、この仕組みがとても大事なのです。

経験上、余ったお金を貯金する、では絶対に貯金はできません。

お金が余ってると思うと、人は気が大きくなってお金を余分に使ってしまうからです。

 

やってみて分かったのですが、生活費口座のお金だけで今月過ごさなければいけない、と思うと

日々のお金の使い方の意識も高まりますし、給料日前はさらに節約の意識が高まり

メリハリの利いた生活ができます。

 

ステップ4. 無理はしない

 

今回、食費は6万円、雑費は3.5万円と、比較的余裕のある設定にしました。

貯金額を増やそうと毎月あまりにカツカツにしてしまうと

さすがに気持ちが辛くなって続かないと思います。

 

今後も、貯金が5万円くらいできる月であれば

余りのお金は外食や旅行の費用にプールして使っていこうと思っています。

 

そう考えると、嫌いな残業も頑張れるかなって思います♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

家計の見直しって、考えるとめんどくさいなーって思いますけど、

こうやって順を追ってみるとそう大変でもないと思いませんか?

 

私もまだ初めて数か月ですけど、家のキャッシュフローが見えてすごくスッキリしました。

実際、残業代のほとんどなかったこの2か月も、きちんと貯金をすることができました。

 

食費も少し削ったので、前よりお菓子やお肉の量は減りましたが、

以前が食べ過ぎだったので、ダイエットにもなって丁度いいのかなーと思っています(^^)笑

 

またしばらくしたら、今回の仕組みづくりでどれくらい成果が出たか

アップしたいなと思っています。

 

よかったら皆さんもぜひ、真似してみてくださいね☆

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました